Stones Throw presents Oh No Japan Tour 2012 in Osaka

Stones Throw presents Oh No Japan Tour 2012 in Osaka

ここ最近、ものすごい勢いでリリースを続けるOh No。ちょうど「Stones Throwだったら今誰が見たい?」みたいな話をしてて、結構多くが即答で「Oh No!」なんて言ってたら、急遽来日が決定。
Root DownからはKazikiyo君と俺がそれぞれのフロアで参戦しやす。Questa&Kota、いつも誘ってくれてありがとー!

ちゅー事で、かなり急な来日決定の様で、まだ細かい所は決まってなかったりもするんですが、今現在の確定情報を掲載しておきます。いうても殆ど決まってるけどね。

Stones Throw presents Oh No Japan Tour 2012 in Osaka

2012.08.25(Sat) 18:00 – 01:00 @ Triangle
ADV: 2,500YEN / with 1D / DOOR: 3,500YEN/ with 1D

Stones Throwの未来を託されたMadlibの実弟、OH NO!
US西海岸ヒップホップ界のサラブレッドが、初の大阪公演でその実力を明かす!

ワールドワイドに熱狂的な盛り上がりを見せるアメリカ西海岸の音楽レーベル、Stones Throwの2012年ジャパンツアー第二弾が開催!
今回は西海岸ヒップホップのメッカ、カリフォルニア・オックスナードからMadlibを実兄に持ち、豊富な音楽知識とセンス、スキルを兼ね備えるOh Noが初めて大阪に登場。オーバーグラウンド/アンダーグラウンドの垣根を越えて活躍する、現在の西海岸ヒップホップ・シーンの最重要アーティスト(プロデューサー/MC)であるOh No。今回の来日ツアーの為にニューリリースや未発表のエクスクルーシブな最前線のビート群を繰り出し披露する!

SPECIAL GUEST

OH NO
Dr No’s Exclusive Beats & Live Showcase

GUEST LIVE

NAGAN SERVER × ZoNe
ZIMBACK
MADS

MAIN FLOOR DJ

KAZIKIYO
QUESTA
IKKEI
TAIZO
MONK Α
MO-RI

2ND FLOOR

MONEY JAH
MASH
TELL
FIREMAN
A-KILLER
KEITA

Oh No

Oh No from Stones Throw

実兄Madlibとともに西海岸ヒップホップ・シーンにおいて重要な役割を担ってきたマルチ・アーティスト(プロデューサー/MC)。2004年にJ Dilla、Madlib、MED、Aloe Blacc、Declaimeなどをフィーチャーした自身のデビューアルバム『The Disrupt』をStones Throwからリリース。そのクオリティが高く評価され、Madlibと並ぶ人気と評価を獲得する。さらに、Phife (A.T.C.Q.)やDe La Soul、Mos Def、Talib Kweli、MF Doomなどメジャー・アーティストの楽曲もプロデュースするとともに、2006年にはセカンドアルバム『The Exodus Into Unheard Rhymes』、2007年にはコンセプト・ビート・アルバム『Dr. No’s Oxperiment』をリリース。続けて、2010年にAlchemistとのユニット: Gangrene(ガングリーン)を結成。Kool G RapやRaekwon(Wu-Tang-Clan)、Prodgiy(Mobb Deep)、 Evidence (Dilated Peoples)、Roc Cなど、東西の実力派MCが集結したGangreneのアルバム2作は、近年稀に見る傑作ヒップホップ・アルバムと称された。一方、ジャンルの垣根を越えてクロスオーバーに活躍する彼は、Galt MacDermotやIdris Muhammad、Bernard Purdieといったジャズ界のレジェンドたちともコラボ。今年2012年には、MF Doomや、Jose James、Phife、Evidence、Alchemist、Eric Sermonなど、豪華アーティストをフィーチャーした自身の最新作『Ohnomite』をリリースし、大きな話題を呼んでいる。現在は、Madlibとのユニット:The Professionalsでのアルバムも制作中。豊富な音楽知識とセンス、スキルを兼ね備え、オーバーグラウンド/アンダーグラウンドの垣根を越えた彼の近年の活躍ぶりは、もはや実兄Madlibを越えたといっても過言ではない。そんなOH NOの待望の初の大阪でのビート・ショーケースが、間もなく迫る!

Kan Sano / Everybody Loves The Sunshine

Wonderful NoiseからのMONKEY_sequence.19最新作「Pretend feat.Mar」でも素晴らしいRemixを披露していた、金沢出身/東京在住のピアニスト/プロデューサーKan Sano氏が、Roy Ayersの大名曲をコズミックなアレンジでナイス・カヴァー!
しかもフリーダウンロードです。太っ腹。
Download (mediafile)

限定7インチがリリース!Root Down recordsにも入荷しました!

その他も素晴らしいトラックを作ってはります。
昨年リリースのフル・アルバムも要チェック。Vinyl出なかったのが残念…
その他色々な音源もUPされているオフィシャルサイトはコチラ。
Kan Sano Official Website

TAMBU at Compufunk Records 2012.08.19

TAMBU LeFtO Osaka 2012 Summer front

TAMBU LeFtO Osaka 2012 Summer Back

ちゅー事で2012年GW、大阪南港で開催され大盛況に終わったL.A発のサンデーアフタヌーン・パーティー「Do-Over」でも抜群のプレイを聴かせてくれたLeFtOが再び大阪に登場!
あの日のプレイで彼の事を知った人も多いと思いますが、みんなガッチリとヤラれたハズ!クラブでのプレイも勿論素晴らしいので要チェックですよ!

TAMBU -LeFtO in Osaka 2012 Summer-

2012.08.19(Sun) @ Compufunk Records
19:00 Start ADM: 1,500YEN/1D

Guest DJ

LeFtO (From Belgium)

DJs

YUKKE
SOL-G
QUESTA
COPY & PASTE (Are MASH & MAMOO)


大きな地図で見る

LeFtO (From Belgium)

LeFtO (From Belgium)

ブラウンズウッド、ブルーノート、K7、ストーンズ・スロウ、そしてジャジー・スポートと関わり合いながら、ヨーロッパでも最も重要なトレンドセッターのひとりといわれるLeFtO。ベルギー出身。
ブリュッセルの伝説的レコード・ショップ、ミュージック・マニアで研ぎ澄ませたジャズやヒップホップへの「掘り」感覚をもとに、フューチャリスティックな角度で現行の音楽に切り込む。
DJのスタイルは実にエクレクティック。ヒップホップ、ファンク、フューチャー・ベース、ラテン的要素まで、そのすべてをターンテーブルに乗せる。ジャイルズ・ピーターソンも、自身のワールドワイド・フェスティバル・ツアーに08年から参加させるなどお墨付きのプレイは見逃し厳禁!

最新Mixも要チェック!
+++ Extra Summer Mix #2 +++

+++ Extra Summer Mix #2 +++ by Lefto on Mixcloud