Joe Bataan Live In Japan

Joe Bataan

なんとJoe Bataanが来日だそうです。しかし東京だけ。。。!!
なかよーわかりませんがアサヒビール主催のイベントの様です。どんな絡みが。。

しかし見たい!!

Bataan / Ordinary Guy

Bataan / Under The Street Lamp

うぉ~エエなぁ。

Joe Bataan LIVE IN JAPAN

JOE BATAAN LIVE IN JAPAN
「キング・オブ・ラテン・ソウル」
NYから伝説の歌手、ジョー・バターンが遂に日本にやって来る!

2010年6月5日(土)
OPEN / DJ Start 17:30 Live Start 19:00
予約 6,000円 当日 6,500円 
オールスタンディング・250名限定

出演:
ジョー・バターン、イボーン・ニトラーノ、ピーター “チュッキー” キンテーロJr.、池田雅明 他

1960年代中盤、NYの裏町でひとつの音楽が生まれた。ラテンとR&Bが融合したラテン・ソウル。またの名をブーガルー。サボールを忍ばせたモントゥーノのリズムとしなやかなファンク・ビートが混じり合うハイブリッドな演奏。NYで暮らす英語世代の若いラティーノたちのハートを瞬く間に掴んだのは言うまでもない。ジョー・バターンは、そんなシーンのど真ん中で圧倒的な人気を獲得した伝説的な歌手である。

1942年NYの生まれ。フィリピーノの父親とアフリカン・アメリカンの母親をもち、自らをアフロ・フィリピーノと呼ぶ。1967年、人気のサルサ・レーベル、ファニアから『ジプシー・ウーマン』でデビュー。その後僅か10ヶ月の間に『サブウェイ』、『ライオット』とヒット・アルバムを連発。ファニアからは合計8枚のアルバムを発表。その後は70年代ディスコ・ブームを牽引したサルソウル・レーベルの創立にも深く関わり、その名も『サルソウル』といった傑作アルバムを発表している。79年には時代に先駆けたラップ・ナンバー「ラップ・オ・クラップ・オ」がヨーロッパでも大ヒット。また西海岸では、人気TV 番組「チコ・アンド・ザ・マン」主題歌をインスト・カヴァーしたことで、チカーノから今にも続く絶大な人気を獲得した。

80年代中盤には音楽ビジネスから離れるが、アシッド・ジャズ〜レア・グルーヴ・ブームのなかで人気再燃。2005年、NYのDJがプロデュースした『コール・マイ・ネーム』(Vampisoul)を発表し、本格的な音楽活動を再開した。日本での公演は今回が初めて。コーラス担当のイボーン・ニトラーノとミュージカル・ディレクターでティンバレス担当のピーター “チュッキー” キンテーロJr.をNYから伴う。バック・バンドは、かつてNYでジョーのバンドに在籍していた池田雅明(tb)を中心に日本人ミュージシャンらが務める。DJ&MCはチャーリー宮毛が担当。「ジプシー・ウーマン」、「サブウェイ・ジョー」などの名曲と共に、伝説の歌手、ジョー・バターンが遂に東京の夜を熱く濡らす!

Via: ジョー・バターン LIVE IN JAPAN

Prev Post:

Next Post:

Trackback URL

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

Name

Mail

Website

*