お初。

オレは出演してないんだけれども、NICE MIDDLEで一緒にやってるDJ KOOが出演するイベントをご紹介。

この人の破天荒な生き方は知らない人いないんじゃない?

DJ DOGGくんにも久々逢うし、楽しみッス!

何はともあれ小倉初登場って事で、仕事片してのぞきに行ってみま~す。

THE LARGE CROP Vol.7

MIC JACK PRODUCTIONリーダー/ツイに帰ってきたオトコ/日本のHIP HOPシーンをドコカラでもリードして来たサッポロリヴィングレジェンド/今、シーンが最も“WANTED”なMC、北の首領B.I.G. JOEが盟友DJ PERRO A.K.A DOGGと共にTHE LARGE CROPをジャック! 極めてフォースの高いあの官能的なフロウは、キキ逃してはナリマセン!!!!!!!!!!

-SPECIAL GUEST-
B.I.G. JOE(MIC JACK PRODUCTION)

北の都は札幌出身のラッパー/プロデューサーであるB.I.G.(Believe-In-God)JOEは、90年代の初期より地元札幌を拠点に活動を開始。後に“STRIVER’S RAW”、“RAPPAZ ROCK”という北海道HIP HOPシーンにとって重要なグループの中心人物として、全国区のラップ・コンペティションにて王座を獲得、BEST OF JAPANESE HIP HOP等のコンピレーションアルバムに参加。精力的かつ圧倒的なライヴ攻勢でその名を知らしめてゆく。
‘99年からは自主制作によるシングルカット、同時期より、超自然音楽中毒集団:MIC JACK PRODUCTIONを結成。以後もそのリーダーとして、自ら制作・運営するレーベル:ILL DANCE MUSIC.を母体とし、’02年にはグループ名義初のフルアルバム『SPIRITUAL BULLET』を発表、シーンに衝撃を与えMIC JACK PRODUCTIONの名前を全国に広めた。

しかし、その直後に起きた事件によって6年という長い単身渡豪を服役の為に余儀なくされる…が、’05年には刑務所からの電話を使用して録音された問題作、1stソロアルバム『THE LOST DOPE』でシーンに復帰、待っていた多くのリスナー達のプロップスを欲しいままにした。
続く翌年の’06年には、MIC JACK PRODUCTION名義の2ndアルバム『UNIVERSAL TRUTH』を発表、各専門誌で大絶賛を受ける。HIP HOPを地でゆく、メッセージ性のあるウィットに富んだ詩と、カリスマ性のあるライムデリバリーは官能的で、時に危うすぎるその歌声は、聴く者の心の真をとらえ、キャリアスタート時から現在も尚、熱心な信者・フォロアーが後を絶たない。
‘07年、海を離れた遠い流刑の地で運命的な邂逅を果たした、N.Yブロンクス出身のラッパーEL-SADIQとのコンビネーションEP 『2WAY STREET』をリリース。

そして’08年…多くの謎のベールに包まれているB.I.G. JOE事件の核心に迫る、セカンドソロアルバム『COME CLEAN』を、全て刑務所内にあるスタジオでデジタル録音し、盟友DJ PERRO a.k.a. DOGG、 DJ OLIVE OILをはじめ、日本を代表する気鋭プロデューサー達の強力なバックアップを受けて発表。日本中の多くのファンやメディアがヒップホップクラシックと大絶賛した。

そして2009年、6年振りに日本中が最も待ち望んでいたMCが遂に帰国。廃盤状態だった傑作ファーストアルバム『THE LOST DOPE』を再録曲、DVDを加えて再リリース。また7月にはDJ BAKUが日本中から選りすぐりのMCを招いて制作された衝撃作『THE 12JAPS』に参加、冒頭の1曲目でマイクを握った。そして自身のプライヴェート・レーベル:TRIUMPHを立ち上げ来るべきサードアルバムに向けて動き出している。帰国後は精力的に動き邂逅を続けている、もう声だけじゃない、次はあなたの隣に現れるだろう。このMCから目を逸らすな、B.I.G. JOE IS HERE…

DJ PERRO A.K.A DOGG(MIC JACK PRODUCTION)

MIC JACK PRODUCTIONのメンバー。1998年、当時の札幌のクラブGHETTOでのレギュラーイベントPROPSにてNYより帰国したB.I.G. JOEと合流。その直後にMIC JACK PRODUCTIONを結成、その後押しも押されもせぬMIC JACK PRODUCTIONのプロデューサーとして2002年MJPの存在を知らしめた傑作1st Album『SPIRITUAL BULLET』、2004年アンダーグラウンド・クラシックとなった『SEVEN SEAS VOYAGE』、2005年獄中から発表され話題を集めた盟友B.I.G. JOE のファーストアルバム『THE LOST DOPE』、2006年にはMIC JACK PRODUCTIONのセカンドアルバム『UNIVERSAL TRUTH』等で数々のクラシックを生んできた。
また、2007年11月には獄中で邂逅を果たしたB.I.G. JOEとEL SADIQのジョイントEP『2WAY STREET』をリリース。また同年にはDJ BAKUで知られるPOPGROUPが満を持してリリースしたRUMI『HELL ME WHY ??』に本人からの熱いオファーを受けプロデューサーとして参加、また福岡が生んだ奇才にして盟友OLIVE OILとFREEZによるユニット:EL NINOや2009年に待望のファーストフルアルバム『親不孝36房』を発表したNATURAL 9 NATIONのRemixなどリミックスワークを手掛ける。

またDJとしてのプロップスも高く数々のMIX作品も世に送り出している、その中で日本でも確固たる人気を誇るマイアミのレーベル:Arepaz、Botanica del Jibaroの音源を贅沢に使用した初のオフィシャルMIX CD 『Rice and Beans Mixed & Served Part.2』を手掛けた、プロデューサーとしてだけではDJとしてその手腕も存分に発揮している。

2008年10月には盟友B.I.G. JOE待望のセカンドソロアルバム『COME CLEAN』を全面的にプロデュース、その圧倒的クオリティで全国にB.I.G. JOEの名前を再度知らしめることになった。また自身の創作を生かす場としてレーベル:NICO STUDIO.SAPPOROを始動させ、自身の初ソロ名義作でプロデューサーとDJ、二面性を究極的に融合させた自身のビートを繋いだアルバム『MY WORD IS BOND!』をリリース。言葉ではなくビートで語るアーティストの手法としてネクスト・スタンダードを提示した。

2009年2月には盟友にしてMIC JACK PRODUCTIONのリーダー:B.I.G. JOEが遂に帰国。それを契機に重たい腰を上げてまた動き出し2009年6月にはセカンドアルバム『THE RESTORATION』を発表、またレーベルオーナーとしてOLIVE OILやDADDY VEDA等同志のアルバムをディレクション、自身の作品に加えプロデュース・ワーク、DJ等、独特のスタンスで我が道を行く今後もその動向が見逃せない要注目のアーティストである。ただ一つ付け加えるとすればこの男は北海道という島を越え今や日本を代表するトラックメイカーの一人だ。

http://www.micjack.com/

-DJ-
DJ DEIZM(GO UP Inc.)
DJ Koo(SECTION)
ino up(onelive)
maka-d(lionrelief)
big ship(blue beat)

-LIVE-
CHILL CLOUD(FROM下関)
SHINTAROLL(BUZ EFFECT)
GRINER(m2d)

-LIVE PAINT-
絵飲+映新

-VJ-
bengine(l.a.c.o.)

Prev Post:

Next Post:

Trackback URL

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

Name

Mail

Website

*